ガラスフィルムのタイプと進化

First generation of film
Glue Coating Film
It is a way of coating dark dye on the clear film material.
It only can block the visual light.
Also durability of film is decreased and at the same time, the problems of discoloration can be occurred.
第1世代 粘着剤コーティングフィルム
透明なフィルム材に、黒っぽい染料をコーティングする手法です。
可視光線をブロックするだけです。
又、フィルムの耐久性は減少し、同時に、色抜け問題が発生します。
Second generation of film
Dyed Film
It is a way of applying dye to film itself.
It resolves the durability and discoloration matters, but has a slight of performance for preventing thermal IR.

第2世代 染色フィルム

染料をフィルム(PET)自体に添加する方法です。


長期使用を可能にし、色抜け問題を解決するも、
熱赤外線を止める性能は少ないものです。

Third generation of film
Nano-Ceramic Film (Heat-Abosorob film)
Nano-ceramic film has a character, which is absorbing solar energy,
for that reason, it has very high absorption properties of thermal solar energy,
so when looking at the figure, the heat-rejection rate seems very high.
However, it is not the same as actually sensory temperature.
Nano-ceramic product can absorb solar energy and affect to the film attached glass.
At first, it makes you feel the heat-rejection effect, but as time goes by,
solar heat from the hot glass re-released into the interior again,
so as a result, it makes indoor much more hotter.

第3世代フィルム
ナノセラミックフィルム(熱吸収フィルム)

ナノセラミックフィルムは日射熱を吸収する特性を有します。
これにより、高い日射エネルギー吸収性を有します。
数値を見ると、熱遮蔽割合は非常に高く見えます。
しかるに、実際に感じる温度とは様子が異なります。

 

ナノセラミック製品は、日射熱を吸収し、ガラスに貼付されたフィルムに影響を与えます。

最初は、熱線が遮断されるのを感じますが、時間の経過に伴い、熱くなったガラスから、室内に日射熱が再放散するのです。
結果として、室内がかなり暑くなってしまうのです。

IR吸収フィルム

Fourth generation of film
Sputter Film (Heat-rejection film)
Sputter film helps improve the reflection of external heat emittance,
so it displays excellent insulation effect.
At the same time, sputter film decreases re-released amount of heat, because it has a relatively few amount of heat absorbed from film.
As external reflectance goes high, mirror effect reflected just like a mirror occurs on the surface of the film.
Unlike this effect, NEXGARD’s sputter film is mulit-coated with a rare metals,
so it increases the actual reflectance, simultaneously decreases visual
reflection, thus it makes exterior much more luxurious.
Additionally, because of the sputtering method using a microscopic coating, visibility is highly excellent.

第4世代 スパッタフィルム(熱遮蔽フィルム)

スパッタフィルムが外部への熱放射を改善します。
これにより、優秀な熱絶縁効果を発揮します。

同時に、スパッタフィルムは、熱の再放射量を軽減します。 何故なら、フィルムに吸収される熱量が小さいからです。

外部への熱反射が大きくなり、フィルム表面が鏡のようになり、ミラー現象が起きるためです(シルバー反射ではありません)。

この効果とは異なり、NEXGARD スパッタフィルムは、レアメタルのマルチコーティングです。

実際の反射を増し、同時に、可視光線の反射を下げ、これにより、リッチな感触の外観を持たせています。

更に、ミクロ的コーティングを用いたスパッタリング方法により、非常に優秀な視認性をもたらしています。
スパッタリング+IRカット

Fifth generation film Multi-Layer Sputter Film

Sputter film manufacturing technology NEXGARD has is developed as the world-class, over the domestic market and currently has the world best
heat-rejection film having the very best performance all over the world.
Multi-layer sputter film judged as 5th generation film guarantees a pleasant
indoor environment by reflecting from 80% to 90% of thermal IR only with Sputtering producing method, not Nano-ceramic coating.
”FIRSTCLASS” ”SUPERGARD"

第5世代 スパッタフィルム(熱絶縁フィルム)

NEXGARDが持つスパッタフィルム製造技術は、国内のみならず世界的レベルで比較しても、現在世界中で、まさに最高性能を有する熱遮蔽フィルムを産み出しています。

第5世代と定義される多層スパッタフィルムは、
ナノセラミックではなく、 スパッタリングによる生産手段だけで、 熱赤外線の 80~90%を反射させることにより、
快適な室内空間を保証するものです。

ナノセラミックは、熱吸収フィルムであり、
マルチレイヤースパッタは、熱線反射タイプです。

マルチスパッタフィルム

Total Care Films

By extending newest technology of 5th Generation stated above, Nexfil started to produce Total Care films cutting UVA range upto 400 nm.

トータルケア フィルム

上記第5世代の技術を発展させ、ネックスフィルは、 紫外線領域UVA波長400nmまでカットするトータルケアシリーズを開発しました。
透明飛散防止(少しイエロー)U4-400CL
透明系断熱フィルム(モスグリーン)U4-6580
トータルケアPlus U4-1099 U4-3099

Low-E Films

Nexfil started to produce Low-E films, effective for heat shading in Summer and heat insulation in Winter.

低放射 遮熱断熱フィルム
ネックスフィルは、熱貫流率が低い Low-E フィルムを開発しました。
夏の遮熱と冬の断熱に効果を発揮するフィルムです。

Newest U4 series

最新 U4シリーズ インデックスページへ