省エネ・節電に寄与するガラスフィルム

遮蔽係数が低いフィルムほど、遮熱効果が大きい

ガラスフィルムの性能を決める要因

夏の省エネを最重視される方へ:
夏の遮熱性能は、遮蔽係数が低いほ効果が大きい
熱線反射タイプRSAシリーズが安価で種類も多い
冬の省エネを最重視される方へ:
透明系で遮熱性能が高く、IRカット率が高いフィルムが人気です
可視光線に含まれる日射熱は54.5%もありますので、実用上透明に近いフィルムを選ばれることを推奨します。
透明系遮熱フィルム

遮蔽係数が低いほど、遮熱性能は高くなります。
熱貫流率(U値)が低いほど、冬期断熱性能が高いとされています。
熱吸収率が低いほど、ガラス割れの危険は少なくなります。

透明系遮熱・IRカットフィルムはこちら

業界初 数量値引き販売

オーダーカットガラスフィルム
数量値引き簡単試算&注文
ガラスサイズ入力価格試算

オーダーカット数量ディスカウント
ご希望長さカット販売
ロールも数量ディスカウント
    ネックスフィルム株式会社フェースブックページ
    ネックスフィルム株式会社ロール在庫
    Nexfil社のご紹介動画1 (概要)
    Nexfil社のご紹介動画2 (設備etc...)
    ネックスフィルム株式会社代表のフェースブック
ページのトップへ戻る