IRカット率 99.3% ガラスフィルム DY6599

赤外線を99.3%カットする 高性能 透明系 遮熱フィルム DY6599 ETV取得商品

透明系フィルムでありながら
IRの殆どをカットして、最高レベルの遮熱効果

可視光線透過率66.1%は、
・ ウィンドウフィルムとして理想的です
・これ以上透明度を上げると、遮蔽係数が落ちます
・IRカット率99.3% は、世界最高レベル

夏は、 日射熱を47%も抑え(遮へい係数0.53)
冷房効果を高めます。

透明度約66.1%は、実用上透明に近いレベル。
冬は、日中日差しを室内に取り入れ、夜は暖房熱を室内側に反射させ、暖房効果を高めます。

夏冬両用断熱フィルム

夏は、 日射熱を47%も抑え 冷房効果を高めます。
冬は、日中日差しを室内に取り入れ、
夜は暖房熱を室内側に反射させ、暖房効果を高めます。
冬期省エネ・節電のポイント
・透明度が高い
・IR反射率が高い
・熱貫流率が低い

可視光線に含まれる日射熱の割合は54%
(JIS-A5759 日射熱重価係数より)

DY6599に環境省環境技術実証事業
ETV実証番号が付与されています


日射熱の割合
フィルムの遮熱効果を高くするには、
可視光線透過率を許容範囲まで下げ、
赤外線カット率が高いフィルムの選択が重要です 。

DY6599 特性表 環境省ETV取得試験結果

IRカット率 99.3 %

シェード色ブルー系 微光沢反射
車用と建物用の双方で、世界の注目を集めています。

遮蔽係数 0.50

透明ガラスに較べ、日射熱の47%をカットすることを表しています。

可視光線透過率 63.8%
可視光線反射率 4.8%

透明に近く、日中、内から外は良く見え、 外から内は殆ど見えません。
夜は内に照明があると外から見えてしまいます。

日射透過率% 30.4

透過する日射の殆どが可視光線であり、UV及びIRを多く遮断しています

日射反射率% 28.4

IRを多く反射させています

日射吸収率% 41.2

IRカット率99%で、日射吸収率を下げ、建物ガラスにも貼れるようになりました。

紫外線遮断率 99.3%

UVはほぼ完璧に遮断します。

遮蔽係数 0.50

この透明度では非常に高い遮熱性能を表しています。

熱貫流率 5.6 W/uK

赤外線を反射させるため、冬季も熱原の種類により驚異的な省エネ性能をもたらします。

ハードコート有り

ハードコート付きです

ロールサイズ : 1524mm幅 x 30M

DY6599 分光透過率曲線

可視光線を選択的に透過させ、UVをほぼ完璧にカット

赤外線領域の分光反射率を極限まで高めています

室内に流入した可視光線は、反射してその多くは赤外線になります。
DY6599は、赤外線の殆どを室内に反射させます。

冬の暖房熱を室内に反射し、絶大な省エネ効果をもたらします。

Nexfil社Dynasty6599 開発のポイント
Nexfil社は”特殊金属+ナノセラミックスマルチレイヤースパッタリング”によると説明しています。

Dynasty6599分光透過率曲線