GS50K-New 飛散防止

紫外線をほぼ完ぺきにカットする透明飛散防止フィルム
JIS基準UVカット率 最新実測値99.95%
GS50K-New かすかなブルー色はハイレベルUVカットの証


施工前は、少しブルー色

GS50K(元)は在庫限り販売
GS50K-Newを新標準品とします

GS50K-Newは、JIS基準UVカット率99.9%以上
(旧名称GS50K-UV100をGS50K-Newとしました)

施工後は、ほぼ透明、かすかなブルーが好まれています
飛散防止フィルムは、地震対策として標準採用されています。
飛散防止フィルムの弊社基本グレードは、GS50Kです。
基本グレードGS50Kで、JIS-A5759 A法 B法 取得
地震対策フィルム
飛散防止フィルムのUVカット率過率: JIS規定は、97%以上
GS50K-New 
透明度が非常に高い、スライトブルーフィルム
防災・紫外線対策フィルム、 総厚68μm
紫外線カット率 >99.9% ハードコート付き

飛散防止フィルムは
・ ガラスを割れにくくします
・割れてもガラスの飛散を防止します

GS50K-Newの特性 外観及び紫外線遮断率以外は全てGS50Kと同じです。
外観 少しブルー 施工後は殆ど透明、かすかなブルーが人気
JIS基準
紫外線遮断率

UV領域380nmまで
UVカット>99.9%

JIS基準紫外線遮断率は、ほぼ100%、本品最大の特徴です。
かすかなブルーにノウハウあり、ハイレベルUVカットの証です。
引張り強さ

296N/25mm

強靭、JISA5759に基ずく実測値です
伸び率 90% 伸び率が高い、JISA5759に基づく実測値です
粘着力 13.6N/25mm このクラス最高レベルの粘着力です。
可視光線透過率 89.5% 透明度が高く、貼ってあるのが殆ど判りません
ハードコート 2H対応 傷がつきにくいハードコート付きです。
遮蔽係数 0.98 透明フィルムです、熱線遮断効果は殆どありません
標準ロールサイズ 1,525mmx60M
上記仕様はメーカー基準値であり、訂正する場合があります。
☆紫外線とブルーライトについて☆

JIS基準によるガラスフィルムの紫外線領域は380nmまでです。
GS50K-Newならほぼ完ぺきにカットします。
環境省基準によると、ブルーライト中の380nm~400nmも紫外線領域に入ります。
近年、眼や皮膚に危険と考えられている危険ゾーンです。
380nm~400nmまでの紫外線をカットするには、U4-400CLを勧めします。
加えて、透明系フィルムで遮熱効果を得るには、U4-6580をお勧めします。

☆紫外線カットと日射熱のカットについて☆

一般に、紫外線をカットすれば遮熱できる
と、考えられる方が多いようですが、
日射熱に含まれるUV(JIS基準)の熱量は
3.3%しかありません。

遮熱を効果的にするには
・可視光線をある程度抑え(暗くなります)
・赤外線をカットする以外にありません
お勧めは、透明系IRカットフィルムです。



☆紫外線による褪色退色ついて☆

一般的に紫外線を抑えることで、衣服や家具家財等の
退色現象を抑えられると認識されています。

退色原因割合
しかし、退色原因は紫外線のみが原因
という訳ではありません。
太陽光線を退色原因別に細分化すると、
上図のような割合になります。

退色現象の抑制をご希望の場合:
上記をよくご理解の上、
ご購入頂きたくお願い申し上げます。


透明防災フィルム系では、フィルムが厚いほど、防災効果があります。

GS50K-UV100の名称をGS50K-Newに変更しました。
ガラスサイズと枚数を入力して価格試算、及びご注文はこちら
ページのトップへ戻る