飛散防止フィルムに 強防災・防犯効果をプラスするには?

ガラスの割れ落ちで怪我をしない・させないために 飛散防止フィルムは有効です。
透明飛散防止フィルム GS50K 建物用ガラスフィルム中最も安価です。
自分で貼るなら、GS100K、GS200Kをお勧めします、貼り易く、価格もリーゾナブルなのです。

飛散防止フィルムの基本は、PET 50 μm厚です。
NEXFIL社製商品名は、GS50Kです。
地震が多発しています

ガラスの割れ落ちで怪我をしない・させないために
防災フィルムを貼りましょう。

飛散防止フィルムGS50Kは、 建物用ガラスフィルム中最も安価です。

これより厚いフィルムなら、更に安心です。
GS100Kは100ミクロン、GS200Kは200ミクロン厚です。
しかも、ペラペラせずに、貼り易いのです。
粘着剤仕様も同じですので、GS50Kとほぼ同等の防災効果があります。



突風や飛来物でガラスが割れる ・・・
地震で割れたガラスが落ちてくる・・・
割れたガラスを踏みつける・・・
元気な幼児がガラスに頭をぶつけたら・・・
このフィルムが貼ってあれば、
かすり傷程度で済んだはずです。

フィルムが厚いほど、飛散防止効果は大、遮熱防災コンビフィルムもあります。

ここでは、GS50Kについて詳述します。
地震対策・台風対策 防災フィルム

総厚68ミクロン厚 GS50K

弊社仕様によりNEXFIL社(韓国)で製造

透明飛散防止効果

JIS-A5759 A法 衝撃試験実施・適合
JIS-A5759 B法 層間変位試験実施・適合
JIS-A5759 耐候試験実施・適合

学校や公共施設に最も多く施工されているフィルムです。
透明ですが、紫外線を97%以上カットします。
防災フィルムの代名詞的フィルムです。

飛散防止効果
地震対策フィルム
紫外線カット効果

明飛散防止フィルム GS50K

GS100K

GS200K

内貼り用 標準品

PET層厚さ 50ミクロン
ハードコート付

強飛散防止フィルム
PET層厚さ100μm
ハードコート付

貫通防止フィルム

PET層厚さ200μm
ハードコート付

基本グレード
怪我防止用にお勧めします:
突風対策・地震対策・台風対策
強風対策
自分で貼る場合には、
手ごろな厚さで貼りやすい
強風対策には、更に効果大
空巣対策としても有効です。
部分貼りではなく、全面貼りを推奨しています。
特性 GS50Kの特徴 GS100K及びGS200Kの特徴
引張り強さ
(平均)

296N/25mm

強靭、JISA5759に基ずく実測値です

GS100K及びGS200Kの
基本的仕様は
GS50Kとほぼ同じです。

PETが厚い分、強靭です。

自分で貼る場合には
貼りやすいGS100Kがお勧めです。

空巣対策を兼ねたい場合には
GS200Kをお勧めしています。

伸び率(平均) 90% 伸び率が高い、JISA5759に基づく実測値です
粘着力(平均) 13.6N/25mm このクラス最高レベルの粘着力です。
粘着層を厚くし、 機械貼りにも的
可視光線透過率
89.5%
(91%)
透明度が高く、貼ってあるのが殆ど判りません
フィルム自体の透明度は、91%あります。
ハードコート
付き
2H対応 傷がつきにくいハードコート付きです(他社品にはハードコートがないものもあります)
紫外線遮断率 99% 高い紫外線遮断率を誇ります
遮蔽係数 0.98 透明フィルムです、熱線遮断効果はあまりありません
上記仕様はメーカー基準値であり、訂正する場合があります。
透明・防災フィルム
ロールサイズ
標準 GS50K 1525mm幅 x 30メートル、912mm幅x30メートル 他
外貼り用 ロール 1525mmx30メートル
上記フィルムは全て引っ掻き傷防止用ハードコート(2H)付きです。
外貼り用と明記した以外は、全て内貼り用です、外貼りするとフィルムの劣化が早くなります。
凹凸ガラス用には貼れません、OTT150をご使用ください。
各種ガラスフィルムの特性は、特性一覧表をご参照ください。
ガラスサイズと枚数を入力して価格試算及びご注文
Copyright © 2015 ネックスフィルム株式会社 All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る