ブルーライトUVAカット スマホ保護フィルム スマホU4

  スマホ・タブレット用 保護フィルム スマホU4
紫外線UVAチェッカー付き 新発売
U4-400CLを、微粘着再剥離フィルムに貼付したフィルム

Nexfil輸出比率95%

We do not want to be compared
世界最高品質宣言 

スマホU4は、スマホ画面の割れを防ぎます。
スマホU4は、ブルーライト中のUVAをカットします。

紫外線全領域検知カード付きです。

ブルーライトの内、眼や皮膚に悪影響を及ぼしているのは、
UVA紫外線400nmまでの部分であると、私たちは考えます。

UVA紫外線については、こちらをご覧下さい。

400nm以上は、純然たる可視光線領域です、この領域をカットすると暗くなってしまします。
UVA400nmまでの全紫外線をカットし、可視光線を多く通すフィルムがあります。
U4-400CLです。
微粘着易剥離タイプ透明フィルム『ランタックUV(国産)』に貼付しました。


効果1: 割れ防止

スマホ・タブレット用 フリーカット 保護フィルム
紫外線UVAチェッカー付き
U4-400CLを、微粘着再剥離フィルムに貼付したフィルムです

○ ガラス面の割れ、ヒビ、ひっかき傷を防ぎやすくなります
○  指紋や汚れを防ぎやすくなります
○ ブルーライトの紫外線UVA部分をカットします
○ 可視光線透過率を高くキープします


効果2: ブルーライトカット
スマホ用保護フィルム
貼り方は、左の『裏技』を推奨します

スマホU4のカット及び貼り方
スマホ、タブレット、PC等を総称して、スマホと呼び、説明します。

カット
・スマホのガラス画面に合わせて、ハサミ又はカッターで、長方形にカットします
・穴等がある部分には貼らないでください、通信ができなくなります
・コーナー部分を爪切り等でカットしてください
(でっぱりや、コーナーがあると、剥がれやすくなります)

貼り方
・画面の汚れやほこりを除去してください、キッチンペーパーが便利です
・空気中に、ほこりが無い状態で、 水を使わず、ドライで貼ります
(ヒント=浴室内で一度シャワーして空気中のダストをなくします)
1)フィルムのセパレーターを剥がします
2)軽くまげて粘着面の中央部分を画面にあて、空気が残らないようにゆっくり広げていきます
3)空気が大きく残った場合は、へら(キャッシュカード等で代用)にキッチンペーパーをあて、中央から外に向かって抜いてください
4)小さな空気が残った場合は、一度電源を入れ見え具合を確認し、許容範囲内であれば、そのまま使用してください
5)貼り、剥がしを繰り返すしてフィルム粘着面に汚れがついてしまった場合は、一度水洗いし乾かしてから貼りなおしてください

貼り方の裏技: 気泡を残さないために
・キッチンペーパーに水を含ませます
・フィルムのセパレーターを剥がし、粘着面をキッチンペーパーで拭きます
・フィルムをスマホのガラス画面に当てると、水の膜ができます
・水幕を 、ヘラ(キャッシュカードで代用)で、抜いていきます
スマホ本体に、水がかからないように、ご注意ください、万が一、スマホに故障が生じても、補償はできません。

特典: UVチェックカード付き
実は、フィルムを貼っていないスマホからのブルーライトは
微弱で検知できませんが、窓廻りや車内の紫外線を検知するのに、役立ちます。

UVせんさーで検証結果
UVA400nmまで検知する UVチェッカー

日射に当てるとすぐ紫色になります。
UVA紫外線の室内流入をチェックできます
ウィンドウフィルムがUVカットを検証できます
UVA400nmまでカットする窓フィルムはこちら

フリーサイズ スマホU4 UVチェッカー付き セット価格

A5版 SPU4-A5  セット価格 1,800円
 フィルムサイズ 210x148 mm 4枚入り + UVAチェッカー
 梱包・配送:宅急便コンパクト

TC販 SPU4-TC  セット価格 2,000円
  フィルムサイズ 236x183 mm 4枚入り + UVAチェッカー
 梱包・配送:宅急便コンパクト

T6版 SPU4-T6  セット価格 2,500円
  フィルムサイズ 320x250 mm + UVAチェッカー
梱包・配送:通常宅急便

更に特典: ご希望のガラスフィルムサンプル A5版 最大4種各1枚 同梱サービス 
UVAチェッカーで比較してみてください UVA400nmまでカットする窓フィルムはこちら
U4-400CL入荷しました
飛散防止フィルムGS50KのU4版 画像内のU4-50KをU4-400CLと命名、入荷完了
紫外線トータルカットで室内品の褪色軽減、ブルーライトカットで眼の保護

UVプから皮膚を護る推奨マークンにお勧め

米国及び韓国で認証
皮膚の保護、眼の保護、ブルーライト

眼の保護、ブルーライト対策
 ブルーライト研究会のホームページへ