可視光線中の紫外線ブルーライト
紫外線領域の定義に差異 UVAカットフィルム


UVA紫外線(400nmまで)カット

U-4シリーズ トータルケア
紫外線領域の定義
医療関連の専門家による調査結果です

世界最高品質宣言 
We do not want to be compared

環境省の基準では、UVAは紫外線で、315~400nm
ガラスフィルムJIS基準の紫外線は、200~380nm
肌や眼に良くないと話題のブルーライトは、380~500nm
200~400nmまでのトータルUVカットフィルムがU4シリーズです

紫外線ブルーライトが話題になっています。

ブルーライト とは、
地球に到達する電磁波の内、波長が380~500nm(ナノメートル)の青色光のことです。
人間が眼で見ることのできる光を可視光線と呼びます。

弊社は、ガラスフィルムのサプライヤーです。
つい最近まで、ウィンドウフィルム JIS基準 JIS-A-5759 を、絶対視しておりました。

ブルーライトについて調べたところ、環境省基準とJIS-A-5759では、大きな違いがあります。
ブルーライトの領域は、380nmから500nm

JIS-A-5759では、380nmmまでを紫外線とだけ定義しています。
ブルーライトは、全て、可視光線領域内ということになります。

環境省基準では、
UVAの範囲を、315~400nmまでとしています。
このうち、380~400nmが、ブルーライトの範囲内です。
しかも、380~400nmの日射熱エネルギーが非常に高いのです。

ウィキペディア記事より、骨子のみ編集:

○ 厚生労働省のガイドライン
「1時間のVDT(デジタルディスプレイ機器)作業を行った際には、15分程度の休憩を取る」ことが推奨されている

○ 人間の目の角膜や水晶体は、およそ350nm~800nmの波長を透過させるが、それより外側の電磁波は透過させられない、即ち、見えない。

○ 角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達する

○ 網膜に到達する光、即ち、可視光線の中で、紫外線にもっとも近く、強いエネルギーを持つ光がブルーライト

○ 近年、日常生活におけるブルーライトの暴露量が急速に増えている。
特に、PCやスマートフォンから発せられるブルーライトにも注意が必要。
ブルーライトは、眼や身体に大きな負担をかけると言われている

言い換えれば、380nm~400nmは、 『可視光線に含まれる強烈な紫外線』と、云えるでしょう。
この領域をUVDと呼ぶことにします

高レベルUVカット 防災フィルム GS50K-UV100、 U4-100CL、 U4-400CL
高レベルUVカット 防災フィルム GS50K-UV100、 U4-100CL、 U4-400CL

ガラスフィルムJIS-A5759による紫外線領域: 200nm ~ 380nm
右欄の環境省等による分類と、異なります。
ガラスフィルムに関する限り:
下限の数値(315、320nm)は、 全く問題ではありません。
ガラスフィルムなら殆ど全て、365nmまでは、ほぼ100%カットするからです。

実際は殆どのフィルムが、365nm~370nmから、少しづつ透過曲線が立ち上がります。
上記グラフの、380nm近くの『曲線立ち上がり部分をごらんください。
JIS-A759に、計算方法が詳述されております、重価係数計算方式です。
例えば、定点375nmでの重価係数は、0.113837。
375nmでの透過率が5%であっても、全体に及ぼす影響は、5%x0.113837=0.5692%
と、なります。
各波長毎の透過率%に重価係数を乗じた数値の合計が紫外線透過率です。
この透過率が、3%未満であれば、紫外線カット率97%になります。
現在は、分光透過率計(島津、日本分光)による紫外線透過率取得が一般的です。

UVA領域の定義に2通りあります:
気象庁、環境省等:UVA領域 315 ~ 400nm
日本皮膚学会、化粧品学会等:UVA領域 320 ~ 400nm

左記UVA領域との差異
JISA-5759では 、~ 380nmまで
環境省他一般的な理解は: ~ 400nmまでJI

この差が大きな問題なのです。
通常のガラスフィルムは、380nmまでしかカットしません。
U4シリーズは、400nmまでカットします。

朗報 Good News

【UVAの定義】調査結果

環境省のハンドブックより、気象庁にならってと記載あり、
紫外線は波長により、 A領域(UV-A;波長315 ~ 400nm)
https://www.env.go.jp/chemi/matsigaisen2015/full.pdf

日本皮膚科学会のQ&Aより
UVBは波長280-320nm、UVAは320-400nmです。
波長が短いほど生物に対する影響が強いのですが、波長が長いほど皮膚の深くに入りこむという性質もあります。
https://www.dermatol.or.jp/qa/qa2/q03.html

〇白内障学会に出席した眼科医のブログより
地上で問題になる紫外線はUVAとUVBです。
そのうち UVA( 315-400nm) は白内障を生じないのに対して、
UVB (297-315 nm) は皮質白内障を引き起こします。
また、太陽光は核白内障を生じない(ただしこれには賛否両論がある)。ちなみにUVC(100-288nm)はオゾン層で吸収されます。
オゾン層が1%減少することで、皮質白内障の発生率は0.3-0.5%上がるといわれています。
サングラスを使う場合には色が薄くて、なるべく間から光が入らないものが良いようです。
隙間から、反射して眼内に入る光がかなり多いそうです。
http://kawanaganka.com/category/blog/page/3

日本眼科学会HPに、UVA波長についての定義などは見当たらず

〇白内障学会 白内障疫学のページ
モルモットに長期間UVAをばく露することで核白内障を発症するという報告もあり、
一定レベル以上のUVAばく露が核白内障のリスクを高めている可能性がある。
http://www.jscr.net/activity/page-003.html

〇ロート製薬HPより UVAとUVBの比較
近年の研究で、この紫外線A波(UVA)がシミやしわの発生に大きく関わっていることがわかってきました。

波長が長い紫外線A波(UVA)は、肌の奥深くまで到達し、じわじわと肌に様々な影響を及ぼします。
例えば、コラーゲンを変性させ、これがしわなどの原因になっていくなど、
長い時間をかけ、気付かない間に肌に悪影響を及ぼしていたのです。
しかも紫外線A波(UVA)は、オゾン層を通り抜けやすく、常時、紫外線B波(UVB)の20倍以上も地上に降り注いでいます。
雲や窓ガラスを通り抜けやすいという性質を持っているので、曇りの日も日当たりの良い家の中でも対策が必要です。
http://jp.rohto.com/learn-more/sun-care/column/uva_uvb/

富士フィルムの研究のニュースリリース
紫外線最長波領域「Deep UVA」(波長370~400nm)の可視化に成功!
地上に届く紫外線UVAの約50%を占める「Deep UVA」が肌深部へ到達することを確認

2014年11月13日
http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/articleffnr_0934.html

〇UV装置機器の会社のHP
*紫外線は、その波長の長さ(単位:nm=ナノ・メートル / ナノ=10億分の1を表す)により,
UV-A(400nm~315nm)  
UV-B(315nm~280nm)
UV-C(280nm~200nm)  と、一般的*には分類されます。

Deep UVA (ディープ紫外線)…富士フイルムによる新造語と思われ、370~400nmを指しています。

これは上述のDeep Ultraviolet(遠紫外線≒200nm)と言葉が似ていますが、 「長波長紫外線(UV-A)の中でも、最も長い370~400nmの波長が肌に深く浸透する」という 特徴を一般の人に伝えるために、効果的キーワードとしてDEEPを採用したのだと思われます。

また長波長紫外線もUV-AではなくUVAと表しています。
(中略)
紫外線技術に携わる人と一般女性は、「紫外線との関係」に関しては完全に棲み分けがなされているので、
専門用語に縛られないキャッチ―でダイレクトな造語を一般社会に向けて提示したのだと思います。
専門家の判りにくい分類名より命名センスがあるかもしれません。
http://www.m-n-w.com/marionetworks_g_holder/mnw_rog.htm

〇気象庁HP
紫外線は波長により、
A領域(UV-A;波長315~400nm)注1、

B領域(UV-B;波長280~315nm)、
C領域(UV-C;波長100~280nm)に分けられます。
http://www.data.jma.go.jp/gmd/env/uvhp/3-51uvindex_define.html

〇日本化粧品技術者会HP
それぞれ、
UVA(320~400 nm),

UVB(290~320 nm),
UVC(190~290 nm),
VacuumUV(100~190 nm)とよばれている(図1).
また,UVAはさらに320~340 nmをUVAII,340~400 nmをUVAIに分けられる.
UVAはUVBと異なりガラスを透過すること,
曇りの日でも雲に遮られることなくかなりの部分が地表に到達するという性質をもっている.
http://www.sccj-ifscc.com/terms/detail.php?id=46


紫外線領域に関する解説 ウィキペディアより抜粋

紫外線領域の差異

UVカットにも色々あります
UVカットフィルム 集結
透明防災 4種
透明系遮熱IRカットも入荷

UVチェッカーでUVAも検知
UV検知カード 大量入荷
フィルムを載せ、日射熱に当て
UVA400nmまで検知

UVカット透明飛散防止フィルム 品揃え完了
JIS基準UVカット 2種
UVAカットU4シリーズ  2種

UVAカット透明防災フィルム
透明飛散防止UVカットフィルム 詳細はこちら
GS50K 及び GS50K-UV100
U4-100CL(国産)
U4-400CL 別名 GS50K-UV400

スマホ・タブレット用 フリーカット 保護フィルム
  紫外線UVAチェッカー付き 新発売
U4-400CLを、微粘着再剥離フィルムに貼付したフィルムです

○ ガラス面の割れ、ヒビ、ひっかき傷を防ぎやすくなります
○  指紋や汚れを防ぎやすくなります
○ ブルーライトの紫外線部分をカットします
○ 可視光線透過率を高くキープします
スマホ用保護フィルム
紫外線が当たると、すぐ紫色変わります。
  紫外線UVAチェッカー
UVチェッカー

U46580をガラスに貼った写真
透明遮熱UVAカット・IRカットフィルム
U4-6580

U4 Total Care サンバイザー  新発売

サンバイザー
皮膚の保護、米国及び韓国で認証
眼の保護、ブルーアイ